京都麦酒 ブロンドエールどんな特徴のビール?味、ラインナップ、口コミをレビュー!

京都麦酒 ブロンドエールとはどんな特徴のあるビール?

  • 1995年、京都で初めて誕生した地ビール!それが京都麦酒。
  • 清酒メーカーで有名な「黄桜」が作る地ビールとして清酒製造技術を生かして醸造しているそうです。
  • ビール作りに欠かせない「水」には、日本酒製造にも使用する京都伏見に涌く良質な「伏水(ふしみず)」を使用しています。

可愛らしパッケージが目に止まる「ラッキードック」や「ラッキーキャット」も黄桜が醸造しています。

本日は「京都麦酒 ブロンドエール」をレビューしていきますが、ブロンドエール以外のタイプのビールも幅広く作っているので、京都麦酒で飲み比べして楽しむのもいいですよ!

 

Amazon

京都麦酒 ブロンドエールは、最高クラスのお酒の仕込みに使われる酒造好適米「山田錦」と名水「伏水」を使用することで、きめ細かな泡とまろやかな風味が楽しめます。

酸の効いた「南蛮漬け」や優しい味わいの料理とのペアリングが相性よくおすすめです。

京都麦酒 ブロンドエールの味の評価

香り 7.5 out of 10 stars (7.5 / 10)
コク 7 out of 10 stars (7 / 10)
キレ 8.5 out of 10 stars (8.5 / 10)
のどごし 8.5 out of 10 stars (8.5 / 10)
泡の立ち具合 8 out of 10 stars (8 / 10)

 

ラインナップ(容量)

YAHOO!ショッピング

京都麦酒 ブロンドエールのラインナップ(容量)

  • 350ml

京都麦酒 ブロンドエールは、350mlの1種類のラインナップ。

楽天市場

350ml

Amazon

楽天市場

YAHOO!ショッピング

 

京都麦酒 ブロンドエールと似てる味のビール

Amazon

350ml

Amazon

楽天市場

YAHOO!ショッピング

楽天市場

350ml

Amazon

楽天市場

YAHOO!ショッピング

京都麦酒 ブロンドエールのビアスタイルはブロンドエールです。ブロンドエール=ゴールデンエールでもあります。

同種のブロンドエールの銘柄を挙げると、「オラホビール ゴールデンエール」や「Far Yerst東京ブロンド」が有名なビールです。

香りや味わい、苦みは千差万別ですが、ブロンドエールが好きな人はぜひチェックしてみてくださいね✊

 

アルコール度数

京都麦酒 ブロンドエールのアルコール度数は「5.0%」です。

京都麦酒 ブロンドエールのアルコール度数(定番クラフトビールと比較)

京都麦酒 ブロンドエール
5.0%
京都麦酒 ペールエール 5.0%
京都麦酒 ブラウンエール 5.0%
京都麦酒 ゴールドエール 4%
ラッキーキャット 5.0%

上記から分かるように他のクラフトビールと比較すると、「京都麦酒 ペールエール、京都麦酒 ブラウンエール、ラッキーキャット」とは同じ度数で「京都麦酒 ゴールドエール」とは1%高いです。

 

原材料名

京都麦酒 ブロンドエールの原材料名は以下の通りです。

 

京都麦酒 ブロンドエールの原材料名

  • 麦芽
  • ホップ

 

カロリー(エネルギー)

京都麦酒 ブロンドエールのカロリーは表示されていません。

食品表示基準において、酒類は「原材料名」、「アレルゲン」、「原産国名」の表示を要しないこととされており、表示義務は課されていないです。
また、食品表示基準では「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分の量及び熱量」についても表示の省略が可能となります。

 

プリン体

京都麦酒 ブロンドエールのプリン体は表示されていません。

食品表示基準において、酒類は「原材料名」、「アレルゲン」、「原産国名」の表示を要しないこととされており、表示義務は課されていないです。
また、食品表示基準では「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分の量及び熱量」についても表示の省略が可能となります。

 

栄養成分表示

京都麦酒 ブロンドエールの栄養成分表示は表示されていません。

食品表示基準において、酒類は「原材料名」、「アレルゲン」、「原産国名」の表示を要しないこととされており、表示義務は課されていないです。
また、食品表示基準では「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分の量及び熱量」についても表示の省略が可能となります。

 

口コミや評判

ここでは京都麦酒 ブロンドエールを飲んだ方々の良い口コミ・評判をご紹介していきます。

良い口コミ・評判

この様に、京都麦酒 ブロンドエールを飲んだ方々は良い口コミを投稿していました!

 

実際に僕が京都麦酒 ブロンドエールを飲んでみた感想・レビュー

先程は京都麦酒 ブロンドエールを飲んだ方々の良い口コミや悪い口コミを取り上げましたが、実際に僕が京都麦酒 ブロンドエールを飲んでみて感じた感想をお話していきます。

グラスに注いでまずは香りを味わう。ラガービールに近いような麦芽の軽い香りが漂ってきますね。

泡はきめ細かくビールの色合いは想像よりクリアでクセがなさそうな感じです。

麦芽の味わいが強くまろやかな印象を第一に感じます。

ホップのアロマやフルーティーな香りも後から軽やかに追いかけてきます。

コクや苦み、酸味が突出しているわけでもなく、非常にバランスのよく飲みやすいクラフトビールですね。

京都伏見の名水「伏水」を使用しているのかクリアで透き通った味わいが楽しめます。

 

どこで売ってる、どこで買える

京都麦酒 ブロンドエールは、京都の地ビール店頭で買おうとしても簡単に売ってはいません。

偶々近くのスーパーや成城石井、大型酒屋販売店で売っている可能性もありますが、時期やタイミングによって買えないことが多いと思います。

なので確実に購入したい方は、Amazonや楽天での購入がおすすめですよ。Amazonでは1本=298円で買うことができます。

購入サイトで価格には変動があるので気になった方は調べてみて下さい。

 

まとめ

今回は京都麦酒 ブロンドエールをご紹介していきま

ブロンドエールは日本人が良く飲んでいるラガービールに近い味わいで日本の口と相性の良い味わいの1杯です。

大手メーカーのラガービールとの違いというと厳選された名水を使用し、上品且つクリアに仕上げられているビールでしたね。

ビールだけでも楽しめる優しい味わいだったので、ビール初心者にも飲みやすく誰も美味しいと感じると思いました。

店頭では売っている店舗は限られますが、気になった人は是非ネットで購入してみて下さい。

-クラフトビール

© 2022 Powered by AFFINGER5