「日本料理FUJI」食材本来の旨味を活かした日本料理で幸せを感じよう!!

りっくん

りっくん

 現在、静岡で活動中りっくんです。 【食】をテーマに、食生活、栄養、食べる事の楽しさを幅広く発信し、人生を自由に生きるために日々精進しています。 グルメのジャンルから静岡を盛り上げたい、ビールの美味しさを伝えたいと思い「静岡さかろぐ」を運営中。 サッポロビールが大好き。 静岡を食で盛り上げたいと全力で応援します。

「日本料理FUJI」

今年初の訪問でしたが、ブログでは何度か取り上げさせて頂いてるオススメの日本料理店!!

後半に過去の記事のリンクも貼っておきますので、詳しい情報を知りたい方は合わせて読んでみて下さい。

「日本料理FUJI」とは・・

店主は36歳とまだ若いですが、これまで様々な店舗で修業をされてきた方で技術・知識・料理に対する気持ちは、料理を見て、感じて、味わえば絶対に伝わってくるはずです。

このブログを見て、ぜひ日本料理FUJIに興味を持って頂き、食事に行ってくれる方がいると嬉しいです。

ドリンクは、メニューに書いてないものも置いてある時があるので、気になったことがあればサービスの方に聞いてみて下さい。

シンプルの極意をこのお店で味わおう!!

まずはビールをぐびっと一口。胃の準備は整ったので、美味しいお料理達を待ちましょう。

まず手始めは「新筍」の登場。繊維の残らないシャキシャキが心地よい。

ネギの香りと身の詰まったクリーミな「浅利の飯蒸し」。こんなクセを感じない浅利は初めてです。

毎度楽しみの削りたての「一番だし」の試飲。その出汁を使った「メバルと椎茸のお椀」。ホロホロの柔らかい塩味の効いたメバルと優しい吸地がバランスのいいこと。

ホタテに近い食感の「平貝」。久しぶりに食したけど、こんな歯切れのイイ食感だったかな。

秋田県の特別純米酒「一白水成」。辛口だけど後味甘めの飲みやすい日本酒。

淡白でねっとりと鮮度のイイ「鮃の造り」。塩と煎り酒で楽しむ一皿。日本酒が進みますね!

パリパリウロコがアクセントの「甘鯛の松笠焼き」。甘鯛の強い香りに楽しまされ、美味さに驚かされる今日一番の一品でした。

擦りたての胡麻香りが部屋中を漂う「クレソンの胡麻和え」。クレソンの苦みを緩和されるほどの胡麻の存在感がたまらん。

清水の辛口純米酒「英君」。これぞ辛口って思う甘さのないスッキリとした日本酒。

初めて目にした「鮑とブロッコリのおかき揚げ」。鮑とコリコリの食感と繊維を感じづ溶けてなくなるブロッコリが絶品。ブロッコリの美味しさに驚愕。

柔らかいイカに山椒のパンチが舌を撃つ「イカスミ」。

本日最後の日本酒は、一番飲みやすいオススメの特別純米「初亀」。甘さのある飲みやすい日本酒は最後にピッタリの味わい。

〆は「鰆と筍のご飯・漬物・赤出汁」。ふっくらな鰆とシャキシャキの筍のご飯は春の到来を感じます。

分厚い身の「鯵の棒寿司」。存在感の強い鯵は旨味の凝縮が素晴らしい。

お菓子は「桜餅とお茶」で温かく胃にコースの終わりを合図しましょう。

ごちそうさまでした。本日も大満足の非の打ちどころのないコースでした!

りっくんの評価

10 out of 10 stars (10 / 10)
コスパ 7.5 out of 10 stars (7.5 / 10)
接客 9 out of 10 stars (9 / 10)
雰囲気 9.5 out of 10 stars (9.5 / 10)
1人での入りやすさ 5 out of 10 stars (5 / 10)

店舗情報はコチラ

-葵区, 静岡市中部, 和食, 店舗紹介

© 2021 Powered by AFFINGER5