うすはりSHIWAタンブラー【松徳硝子】の特徴!素材、サイズ、価格、口コミを一挙紹介!

年間300日以上ビールで乾杯をしている、りっくん(@arax.us)。

読者の皆さまは松徳硝子のうすはりSHIWAタンブラーはご存知だろうか?

硝子職人の手作りで1つ1つ製造されており、とにかく薄くて、驚くほど軽い。

うすはりSHIWAタンブラーで呑むとビールがより美味しく楽しめると噂の芸術的なグラスです。

定番のうすはりシリーズとは違い、緩やかな窪みが特徴のSHIWAシリーズ。

本記事では、ビールグラスの中でも人気のシリーズ「うすはりSHIWAタンブラー」の特徴!材質、サイズ、価格、口コミを紹介していきます。

 

松徳硝子とは

https://ssl.stglass.co.jp/

松徳硝子は、大正11年(1922年)に電球用硝子の生産工場として創業しました。

創業以来、職人の手仕事にこだわり、ビールグラスをはじめ、日本酒用グラス、ワイングラスなど数千種類にも及ぶ手作りガラス食器を製造しています。

その中で、電球製造で培った薄吹きの製法に磨きをかけることで、料亭や割烹で「一口ビールグラス」と呼ばれ、古くから愛用され続けています。

そしてこれまで培ってきたガラス食器製造のノウハウを元に、長期間に渡る更なる品質の向上、イメージの具現化、技術研究開発と数々の失敗を繰り返し、平成元年、遂に理想とするグラスが完成しました。

 

【松徳硝子】うすはりSHIWAタンブラーの4つの特徴!

特徴1:全てのうすはりSHIWAタンブラーを手作りで製造

松徳硝子のグラスは、全て手作りで製造しています。

各グラスに規格値を設けていますが、個体差が生じてしまう。

それでも職人の手仕事にこだわり、価格以上に価値のあるグラスを作りを目指し「美味しくビールが飲める」という機能と造形美を兼ね備えたグラスを作っています。

だからこそ、一般的なグラスと違い、どのメーカーよりも薄く軽い。

松徳硝子でしか作れない、理想のうすはりSHIWAタンブラーを実現することができています。

 

特徴2:ガラスの厚みが1mm未満でとにかく薄い

名前の通り、「うすはりSHIWAタンブラー」はとにかく薄いという点が一番の強みと言ってもいいでしょう。

ガラスの厚みが薄ければ薄いほど、唇に触れるグラスの面積が少ないので、口当たりが柔らかく、ダイレクトにビールの美味しさを感じることができます。

一般的にグラスの厚みは大体2mm以上のものが多いとされていますが、比較すると半分以下の薄さということになります。

約0.9㎜の薄さで飲むビールは、想像しているよりも何倍も普段のビールを美味しく楽しむことができます。

*「うすはり」とは、松徳硝子株式会社の登録商標です。

 

特徴3:驚くほど軽い

触った瞬間から、ガラスを持っていることを忘れるほど軽い。

薄くて、軽いからこそプラスチックかとも思ってしまうけど、正真正銘のガラスで造られています。

これなら永遠に飲み続けても、「腕が疲れてグラスが持てない」なんてことは絶対に起きないでしょう。

 

特徴4:高い技術を持った職人が吹き上げる芸術ともいえるデザイン

シンプルなデザインが特徴のうすはりタンブラーとは違い、緩やかな自然な窪みが手に馴染むSHIWAシリーズ。

グラスを吹く際、型から出す瞬間に息を吸うことでグラスを凹ませ、1つ1つ異なる表情を与えているデザイン。

確かな技術を持った職人が吹き上げるそのデザインは、芸術ともいえる逸品です。

全ての「うすはりSHIWAタンブラー」に同じものはなく、一点物の粋なグラスです!

持ちやすさを考慮して考えられたデザインではないけど、緩やかな窪みは、まさに手にフィットするので結果持ちやすさも併せ持つグラスです。

 

材質

材質は、無鉛クリスタルガラスを使用しています。

無鉛クリスタルガラスとは、高い酸化鉛を使用せず、酸化カリウム、酸化チタニウムなどを原料とする、輝き、透明度が高い、クリスタル(水晶)のような透明なガラスのことを指します。

通常のクリスタル(酸化鉛含有)と比較して、軽く、強く、美しい透明感を持ち合わせています。

ガラスだけど薄くて、軽いことからプラスチックと感じてしまう方もいるそう。

腕力で割れそうなほど衝撃に弱いですが、飲んだ時の唇で感じる繊細なグラスの質感がクセになる逸品です。

 

サイズ(容量)

https://ssl.stglass.co.jp/

うすはりSHIWAタンブラーのサイズ一覧

  • うすはり SHIWAタンブラーS 容量:約140cc
  • うすはり SHIWAタンブラーM 容量:約240cc
  • うすはり SHIWAタンブラーL 容量:約330cc
  • うすはり SHIWAタンブラーLL 容量:約460cc

サイズ(容量)は上記通り、用意されています。

ビール350cc缶を普段飲む方は、少し小さめのうすはり SHIWAタンブラーMがおすすめ!

注いだ時に1杯で終わらず、お替りできる嬉しさとコンパクトだから上品により美味しく飲めるようなっています。

逆に500ccのロング缶を普段飲む方は、うすはり SHIWAタンブラーLLがおすすめです。

なみなみに注ぎ切ってこそ、飲みごたえのあるビールを楽しむことができます。

 

価格

メーカー希望小売価格一覧

  • うすはり SHIWAタンブラーS 1,980円(税込み)
  • うすはり SHIWAタンブラーM 2,310円(税込み)
  • うすはり SHIWAタンブラーL 2,640円(税込み)
  • うすはり SHIWAタンブラーLL 2,860円(税込み)

上記はメーカー希望小売価格を記載しています。

メーカー希望小売価格は木箱無の価格で記載されています。

木箱入だと希望価格よりも高く販売されているので、使用用途によって選んでください。

もし自分用に購入する方で木箱いらない方は、希望価格よりも安く買える場合があります。

店頭や通販サイトごとで、価格の変動があるので参考までにして下さい。

メーカー希望小売価格より安く売っている通販サイトも幾つか発見したので、購入を検討されている方はAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングでそれぞれ確認してみることをおすすめします。


 

口コミや評判

ここでは松徳硝子のうすはりSHIWAタンブラーを実際に使用したことある方々の良い口コミ・評判、悪い口コミ・評判をご紹介していきます。

良い口コミ・評判

この様に、松徳硝子のうすはりSHIWAタンブラーを実際に使用したことある方々は良い口コミを投稿しています。

沢山の評判のいい口コミの中でも、特に「ビールが美味しく飲める」「松徳硝子 うすはり SHIWA タンブラー、芸術品ですね」と答えている方が多かったです。

割れやすいという意見も沢山見つけましたが「思った以上に頑丈で素晴らしい」という方もいましたね。

 

悪い口コミ・評価

良い口コミと反面、悪い口コミをしてる方の意見も上げてみました。

その中でも、うすはりSHIWAタンブラーの最大の特徴である薄さが割れやすく難点だと言う方がいました。

それに加え、「定番のうすはりタンブラーと違い、店頭に中々売っていない」「しわしわなので洗う時にちょっと怖い」という声もありました。

薄さに関しては、普通のグラスと比較すると確かに割れやすいかもしれませんが、どんなグラスでも高い位置から落としたら割れてしまう。

それは共通して気を付けるべきことだと思います。

そしてシリーズの中でもSHIWAシリーズは、少しマニアックな商品で店頭で売っているところを私も見たことがありません。

店頭で探すのは難しいですが、ネットならいつでも購入できるので、どうしても探してる方はネットで検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

この記事では、【松徳硝子】うすはり SHIWAタンブラーの特徴について紹介していきました。

本記事をまとめると以下のようになります。

  • 松徳硝子とは
  • 【松徳硝子】うすはり SHIWAタンブラーの4つの特徴
    特徴1:全てのうすはり SHIWAタンブラーを手作りで製造
    特徴2:ガラスの厚みが1mm未満でとにかく薄い
    特徴3:驚くほど軽い
    特徴4:高い技術を持った職人が吹き上げる芸術ともいえるデザイン
  • 材質
  • サイズ(容量)
  • 価格
  • 口コミや評判
    良い口コミ・評判
    悪い口コミ・評判
  • まとめ

職人の手作りにこだわり、これまで松徳硝子が培ってきた技術を詰め込んで完成したのが「うすはりSHIWAタンブラー」。

ガラスの厚みが1mm未満でとにかく薄く驚くほどの軽さを実現した最高の逸品。

シンプルなデザインが特徴のうすはりタンブラーとは違い、緩やかな自然な窪みが手に馴染むSHIWAシリーズ。

全ての「うすはりSHIWAタンブラー」に同じものはなく、一点物の粋なグラスです!

「割れやすい」「価格が高い」などの声もありましたが、そのデメリットを吹っ飛ばす良さが【松徳硝子】うすはり SHIWAタンブラーにはあります。

毎日飲むビールだからこそ、お家でより美味しく飲める方法でビールを楽しんでみて下さい。


-ビールグラス

© 2023 Powered by AFFINGER5